厚生病院看護師求人ランキング

厚生病院の看護師の転職事情

看護師の転職先として厚生病院は人気があります。日本全国に100近くある厚生病院の求人情報を探すには看護師専門の転職エージェントが大変便利です。

転職エージェントで有名なところではマイナビ看護師があります。給与や待遇面などにこだわって探せるので、転職のミスマッチが起こりにくく利用満足度の高さが魅力です。転職を考え出したらまず登録して見るのがいいでしょう。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
利用者の満足度が業界でトップクラスのマイナビ看護師は、求人情報だけでなく医療機関の総合的な情報を持つ医療系専門サイトですので、求人先の全体像を把握できるのに役立つサイトです。厚生病院は民間より一般的に待遇も良いので深く考えずに決めてしまうことも多いですが、いざ入職してみると人間関係が良くないということも少なくありません。しかし、マイナビ看護師では、エリアごとの担当者が給与や待遇だけでなく、実際の職場の雰囲気まで把握しているので安心です。また、マイナビ看護師には自分で好きな情報が閲覧できる「求人ライブラリー」も設置されています。担当者の電話やメールだけでなく、自分の目でも求人情報の詳細を確かめることができます。気になった求人の資料は自宅に持ち帰って検討することも可能です。詳細な情報を持つ転職のプロからアドバイスを受けながら、自分の希望に合う職場を納得いくまで探せるサイトなので、ミスマッチが起こりにくいサイトと言えるでしょう。

ナース人材バンク 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
年間利用者数10万人を超えるナース人材バンクは、運営期間が長く、医療業界と深い信頼関係を築いているサイトです。利用者は多いですが担当者も200人以上と多いので、一人一人の求職活動を手厚くサポートしてくれます。放置される心配はなく、マメに連絡を取ってくれる担当者が多いので、転職活動ではリードしてくれる人が欲しいという方にぴったりでしょう。また、ナース人材バンクは、東証一部に上場するエス・エム・エス社の運営ですので、しっかりした基盤のもと各地にネットワークを構築しており、各地の医療機関の詳細な情報を豊富に有しています。厚生病院のような条件の良い求人の場合、非公開求人となっていることも多いですが、全国16カ所を拠点にエリアの医療機関と信頼関係を築いているナース人材バンクですから、ほかでは得られない好条件の求人を紹介してくれるでしょう。また、専任の担当者が付いて面倒な給与などの条件交渉はすべて代行してくれるので、働きながらの転職活動も少ない負担で行えます。

ナースフル 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
ナースフルは転職支援で有名なリクルートが運営している看護師転職サイトです。転職業界の老舗中の老舗であり、医療機関からも厚い信頼を寄せられています。病院側としてもどうせ求人を出すなら知名度や信頼度の高い企業に出したいと考えるものですから、一般に公開されない求人や、厚生病院の求人のような条件の良い求人情報を多数保有しています。優秀な担当者を各地に配置しており、それぞれが一流企業の営業マンにふさわしい営業力を有しています。強い交渉力により病院との交渉を有利に進めてくれるので、給与や待遇などほかでは実現できないほどの好条件を勝ち取ることも可能です。また、ナースフルの大きな特徴に、関東、関西、東海、九州の対象エリアで、転職面接に出かけるための旅費を負担してくれるサービスがあります。住んでいるところとは違うエリアに転職したいが面接のたびに遠距離を移動するのは負担が大きい、という人でも安心のサービスです。

医療ワーカー 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
人気上昇中の看護師転職サイトが医療ワーカーです。特に首都圏の医療機関に関してはどこよりも詳しい情報を持っています。また、短期や単発の求人が多い傾向があります。仕事ができる時間や日程を事前に提出しておけば、それに合わせたお仕事のみを紹介してくれますし、適宜時間や日程の調整も可能です。厚生連には、健診センターなど時短勤務や勤務期間が限られている求人も多いですから、そういう空いた時間を利用して働ける職場をお探しの方にはぴったりでしょう。もちろん期間の定めなしの正職員として働ける求人も多数有しています。一般の求人誌やサイトには出回らないような、好条件の非公開求人にも応募できるサイトですので、厚生病院への転職を考える看護師さんは登録しておくべきサイトと言えるでしょう。

看護のお仕事 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細
【当サイトがお勧めするポイント】
看護師転職サイトの担当者対応満足度でナンバーワンなのが看護のお仕事です。全国に13万件以上の医療機関の求人情報を保有しているので、あらゆる希望に応えてくれるでしょう。エリアごとに専門の担当者を配置しているので、周辺の環境について詳しく知れますし、厚生病院のような地元密着の病院の求人にも強いです。また、待遇面の交渉を担当者が応募者本人に代わって行ってくれるので、最高の勤務条件で転職することが可能です。また、現在求人を公開していない医療機関についても、求人が出た際に優先的に紹介してもらえる求人リクエスト機能があります。厚生病院のなかには滅多に中途採用情報を公開しないところも多いですから、看護のお仕事は貴重な求人情報をいち早くキャッチするための重要なツールです。また、忙しい看護師さんに代わって、担当者が病院との細かい条件交渉など面倒ごともすべて代行してくれます。なお、看護のお仕事を介して転職に成功した方には、支援金が支給されるうれしいサービスもあります。

厚生病院は転職しやすい?

厚生病院に限らず、看護師の仕事は他の職業に比べて転職しやすいといって良いでしょう。例えば、看護師としてスキルアップしていきたいと思うのであれば、都心にある規模の大きな病院で最先端の医療に携わることもできます。また、収入をアップさせたい、プライベートの時間も充実させたいと思うのであれば、待遇面が充実している病院に転職するのもそれほど難しいことではありません。転職することで、自分にとってより良い働き方に変えていくことが可能なのです。

このように看護師が転職しやすいのは、女性がほとんどという特有の職場環境が理由に挙げられます。女性は、結婚や出産、子育てなど人生の中でライフスタイルが大きく変わる機会がいくつかあります。そのような節目で退職する女性がたくさんいるので、求人もその分たくさん出されるのです。また、勤務条件も女性が働きやすいように融通が効くようになっているところもたくさんあります。その時々のライフスタイルに合わせて、無理のない働き方を選べることは看護師の大きなメリットといっても良いでしょう。

厚生病院の中には、公立病院として地方公務員の身分が保証されるところもあり、日赤や済生会などと同じように、公的病院職員に準ずると考える場合も多くあります。そのため、福利厚生が充実しているなど看護師にとってのメリットが非常にたくさんあり、転職を希望する人も少なくありません。他の職業とくらべてかなりハードといわれる看護師の仕事を続けていくには、サポート体制が整っているかどうかは重大な問題だと言って良いでしょう。また、地方公務員でも、そのために試験を受ける必要はなく、履歴書選考と面接に受かることが出来ればその身分が与えられることになります。

公的病院職員に準ずるとしていても、職場によって待遇には違いがあるので、転職する際にはあらかじめ十分に比較検討することが必要です。国立病院や都道府県の医療機関、国公立の大学病院などの条件に比べれば、給与や福利厚生の面で劣る部分が少なくないはずです。また、フルタイムで働く看護師となれば夜勤や準夜勤をこなさなければならず、肉体的にかなりハードとなります。お休みがしっかりとれるか、残業はどのくらいあるのかということもしっかりチェックしておかなくてはなりません。休みの取りやすさや残業の有無は、同じ病院であっても配属される診療科目によってもかなり違いがあるので注意しましょう。

厚生病院の看護師になるメリットは?

厚生病院も規模の大きなところとなると、看護師はさまざまな面でメリットを享受できます。その一つ目として挙げられるのは、教育体制が整っていることでしょう。院内研修や勉強会がさかんで、周囲の看護師もスキルアップに対する意欲が非常に高いことから、自身も自然とキャリアアップする心構えができてくるものです。中堅、管理職と昇格していくそれぞれの過程においても、一貫した教育が受けられるのは大きな魅力といえそうです。また、新人看護師の育成も重要視されているので、既にキャリアのある看護師は育成する側に回ることもあり、そこで新たな経験を積む機会にも恵まれるでしょう。

二つ目に挙げられるのは、多くの症例に携わることができることです。厚生病院は診療科目が多い傾向にあることから、軽い症状から命が危ぶまれるような重篤な疾患まで、実にさまざまな患者さんが受診に訪れます。もちろん、本人の希望にもよりますが、より幅の広い知識やスキルを習得するには最適な職場ということができます。その中には、大学病院や国公立病院とまではいきませんが、世界的にいっても最先端の医療に携わる現場もあるでしょう。

三つ目には、待遇や福利厚生が充実していることが挙げられます。これは厚生病院ならではの特徴だといって良いでしょう。給与やボーナスといった金銭面もさることながら、産前産後休暇や育児休暇といった制度が整備されていたり院内保育所があることも女性にうれしいメリットです。産後の復職もスムーズですし、多くのママさん看護師が活躍していることから、細かな事情にも配慮してもらいやすいということもメリットになるでしょう。

つまり、他の病院と比較して総合的に見てみても、厚生病院はバランスの取れた環境で働けるといって良いのではないでしょうか。看護師に限らず、教育体制が整っていて福利厚生が充実しているといったことは、働く上で非常に条件がそろった職場環境だといえます。やりがいを持ちつつも、楽しみもなければとても看護師のようなハードな仕事は続けられないものです。特に福利厚生などは、長く働く上では欠かせないことだといってよいはずです。また、大学病院や国公立病院に比べれば残業も多いとはいえず、プライベートも満喫しながらスキルアップしていけるはずです。すべての職業において、何もかも揃っているところは滅多にあるものではありません。今の自分には何が重要なのかをしっかりと見極めて転職先を絞り込むことも重要だといえるでしょう。

厚生病院の看護師への転職方法は?

厚生病院に転職を考えているなら、JA全厚連のホームページをチェックするのがおすすめです。看護師の求人情報が掲載されているページがあるので、募集をかけている厚生病院の一覧を見ることができます。希望する厚生病院があれば、病院のホームページのリンクも載っているので、病院についての基本的なことをはじめ、給与や労働条件、福利厚生などの細かな情報もスムーズに入手できて便利です。

転職しようと思う理由は人それぞれですが、たいていの人は一つのところで長く勤め続けたいと思うものです。せっかく転職できても、短期間でまた転職したいと考えるのは時間も労力も無駄に使ってしまうというものではないでしょうか。転職先を選ぶ時には、自分の希望に優先順位を付けてみると良いでしょう。すべての条件がそろっている職場は残念ながらないに等しいので、自分にとってこれだけは、という譲れない条件に合ったところを見つけるようにするのです。

しかし、求人内容は、自分の希望が書かれてあるかどうかだけをチェックするのでは足りないといえます。自分の希望通りのところであっても、人の入れ替わりが激しいところは何かしらの問題を抱えているものなので、せっかく転職してもすぐにまた転職を考えるようになる可能性が高いのです。例えば、経験者のみに限定して募集というのは、新人や経験の浅い看護師を育てる余裕がない職場とみることができます。その背景にはさまざまなものが考えられますが、人の入れ替わりが激しくなかなか定着しないことなどはよくある原因だといっても良いでしょう。もちろん、年中求人募集を行っている病院も同様に注意しなければいけません。

また、看護師の場合、あまりの忙しさから転職を考える人はとても多くいます。その場合、次の職場は出来るだけ忙しくないところを希望するものです。病院の忙しさを確認するには、病床数と看護師数を知ることが必要なので、ここもじっくりと調べておきましょう。さらに、看護師の勤務がハードといわれるのは夜勤があるからですが、看護師の勤務形態には、2交代と3交代があり、それぞれにメリットとデメリットとがあります。休日が長くなるけれども勤務時間も長いのが2交代勤務ですし、1回の労働時間が少ないけれども通勤回数が増えて無駄が多いのが3交代勤務です。慣れた勤務体制が変わることで体調が崩れるのはよくあることなので、勤務体制も慎重に選ぶことが必要だといえるでしょう。

TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017-2018 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.