土浦協同病院なめがた地域医療センターの看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 土浦協同病院なめがた地域医療センター

土浦協同病院なめがた地域医療センターの看護師採用

休日が多い・給与が高め・託児所有り・残業少なめといった特徴がある土浦協同病院なめがた地域医療センター。平成12年6月に、JA茨城厚生連のひとつとして開院しました。そのため、JA茨城厚生連の病院の中では新しく、MRIやCTスキャンといった最新装置を導入しています。また高度医療で、地域の中核医療機関として地元の人に愛されており、看護師の教育体制もきちんとしていますから、経験に不安のある方でも働きやすいでしょう。

そんな土浦協同病院なめがた地域医療センターでは、看護師を募集しています。ただし中途採用は募集がない場合もありますので、転職を希望している方は事前に公式ホームページで確認しておきましょう。

給与は、先にも述べたように高め。25万円以上を受け取ることができます。経験年数に応じてJA茨城厚生連規定の金額が優遇されますが、諸手当が付きますから他の病院に比べると給与は高めといえるでしょう。勤務時間は、日勤・準夜・深夜の3交代制。日勤は8時30分〜17時、準夜は16時30分〜1時、深夜は0時30分〜翌9時までとなります。休日は、基本的に4週8休制+祝日。年末年始や有給休暇、特別休暇など各休暇も充実しており、女性に嬉しい産前・産後休暇や育児休暇も用意されています。託児所も有りますが、残念ながら利用できるのは日勤帯のみ。準夜・深夜は利用できませんので注意しましょう。

土浦協同病院なめがた地域医療センターでは、教育体制も充実。そのため、新卒者や未経験の方でも、きちんと研修を受けることで病院の組織やシステムなどを理解し、看護師としての仕事に役立てることができます。JA茨城厚生連の病院は、基本的に研修・教育は欠かせません。すべての病院で実施しているといっても良いでしょう。入職後は、メンタルケアも行ってくれますので、安心して働くことができるでしょう。

ちなみに、質の高い看護を提供できるように、育成プログラムのひとつとして『プリセプターシップ』を導入しています。プリセプターシップとは、先輩の看護師がモデルになり、マンツーマンで新人看護師を教育します。近年、多くの看護部が導入していますが、このシステムを導入することで右も左も分からない新人看護師でも、安心して仕事に取り組むことができるようになります。『何から覚えたら良いのか』『何をすれば良いのか』、そういったこともプリセプターシップを導入することで分かりやすくなるといわれています。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.