遠軽厚生病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 遠軽厚生病院

遠軽厚生病院の看護師採用

遠軽厚生病院は北海道のオホーツク地域の皆さんの生命と健康を守り、生きがいのある地域作りに貢献することをモットーとしている病院です。開設は昭和17年という歴史の長い病院で、現在は平成4年に新築された病棟に移転して医療サービスを行っています。

内科や外科小児科などの14の診療科の他に糖尿病外来や肝臓外来などの特殊外来があります。これに加えて健診センターや訪問看護ステーション、治験なども行っている巨大病院ですから、看護師として採用されれば、自分の看護師としての知識や経験をフルに発揮することができるフィールドと言えるでしょう。

毎年、遠軽厚生病院の看護師採用は保健師、助産師を含めて15名程度です。新卒と既卒を合わせて15名程度ですから、遠軽厚生病院を目指す看護師にとっては狭き門となっています。試験の日程は前期と後期に分かれており、前期試験は10月中旬、後期試験は1月中旬となっています。応募締め切りはそれぞれの試験の約1か月前となっていますから、応募に間に合わなかったということがないように、試験のスケジュールなどの詳細をJA北海道厚生連看護管理課に早めに問い合わせておくと良いでしょう。

新卒の場合は毎年8月にインターンシップを行っており、看護学生の皆さんにとっては実際の遠軽厚生病院の仕事を目の当たりにすることができるので、とても貴重な経験となっています。新卒の場合はインターンシップにチャレンジしてみれば、より仕事に対して具体的なイメージが掴めますし、もし既卒の場合でしたら、病院の見学会であれば、いつでも応じてもらえますから、このような機会を利用して実際の職場を覗いてみると良いでしょう。

遠軽厚生病院の母体であるJA北海道厚生連は、各病院での教育研修や養成に力を入れています。看護師の研修体制は職種別・階層別に分けて研修会や講演会などを実施しており、病院間での技術の情報提供や知識の共有などで看護師全体のレベルアップを常に図っています。また接遇リーダーなど職能別教育を行うことで、リーダー育成にも尽力しています。

遠軽厚生病院では看護師が働きやすい職場作りにも熱心で、育児や介護など家庭の事情によって勤務が難しくなっている看護師には短時間勤務を選べたり、育児や介護などの休暇制度も整っています。また現在育児真っ最中の看護師には病院内に保育施設を利用できるようにしており、看護師が一生看護師としてキャリアアップできるようにバックアップ体制が整っているので、看護師として頑張りたいという人には遠軽厚生病院がおすすめです。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.