佐久総合病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 佐久総合病院

佐久総合病院の看護師採用

平成26年3月には、新たに佐久医療センターが開院した『佐久総合病院』。内科をはじめ、多くの診療科があり、地域に根差しているのが特徴です。また高度救急医療で質の高い医療を受けることができます。そんな佐久総合病院では、看護師の採用を行っています。

応募資格があるのは、養成機関を卒業予定の方もしくは資格を有している方。若干名の募集となりますので、定員に達すると応募はできません。筆記試験はなく、小論文と面接で採用が決まります。応募したいという方は、履歴書・最終学校卒業証明書または卒業見込証明書・免許証のコピーを提出しましょう。基本給は、約20万円程度。3年課程新卒者と大学卒で異なります。それにプラスし、看護職員手当や時間外手当、特殊勤務手当などの諸手当が付きます。ちなみに、特殊勤務手当とは、放射線・検査・精神科勤務などの特殊な職種で働く場合です。一般病棟で働く場合、特殊勤務手当は付きませんので間違えないようにしてください。昇給は年1回で、賞与は年3回あります。前年度の実績に応じて支給されますので、頑張り次第で高収入も期待できるでしょう。

休日は、日曜・土曜日の4週7休制。祝祭日も休日になりますので、比較的仕事とプライベートのバランスが取りやすいのが特徴です。また年末年始休暇や夏期休暇もありますので無理なく働くことができます。女性に嬉しい育児休暇も用意されていますから安心です。充実した福利厚生も佐久総合病院の魅力のひとつでしょう。さらに院内保育所も完備されていますから、小さなお子さんがいるママさん看護師の方でも安心して働けます。

佐久総合病院では、入職後の研修・教育も実施しています。クリニカルラダーも取り入れていますから、段階に合わせて学習することが可能。レベル1では、受け持ち看護師としての能力を身につけ、フィジカルアセスメントやコミュニケーションスキルなどを上げることができます。レベル2では看護研究・プリセプター研究などを実施します。レベル3では、地域看護研修や地域ケアなど、地域に密着しさまざまことを学びます。そのあと、リーダーシップ研修でチームリーダーとしての役割を身につけることができるでしょう。

佐久総合病院の教育理念は、”質の高い看護と豊かな人間性”。そして、”地域に貢献できる看護職員の育成”です。これらに基づき、地域の人に寄り添いながらさまざまな経験を積むことができます。非常に地域思いな病院といえるでしょう。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.