大曲厚生医療センターの看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 大曲厚生医療センター

大曲厚生医療センターの看護師採用

大曲厚生医療センターは、もともと仙北組合総合病院でした。平成26年5月に改名され、交通アクセスも良く利便性が良い場所に立地しているのが特徴です。毎年多くの採用があり、医師・麻酔科常勤医・職員それぞれの募集が行われています。看護師は、助産師免許・看護師免許・准看護師免許の何れかが必須条件となり、契約社員になります。そのため、6カ月単位で更新が必要になります。特別な理由がない限り自動更新されますので、継続して働きたい方にも安心でしょう。

就業時間は、8時30分〜17時。短時間勤務も可能ですので、主婦の方でも働きやすいのがメリットです。契約社員であるため給与は時給制になりますが、経験年数によって安定した収入を得ることができます。看護師であれば、時給1200円程度も可能ですし、夜勤希望であれば優遇してもらえます。また完全週休二日制なので、仕事とプライベートのバランスが取りやすいのも大曲厚生医療センターのメリットのひとつ。もちろん、フルタイムで働くことも可能です。この場合、JA秋田厚生連正職員への登録も可能になります。

大曲厚生医療センターは、”安全で質が高い”のがもっとも大きな特徴です。そのため、患者本位の医療を提供し、併設施設には仙北訪問看護ステーションも完備されています。一般病床(433床)と感染症病床(4床)の計437床あり、内科・小児科・外科・脳神経外科・リハビリテーション科・産婦人科など18科目の診療科を有しているので、秋田県では比較的大きな総合病院といえるでしょう。また、大曲厚生医療センターは財団法人日本医療機能評価機構の認定を受けており、他にもさまざまな指定を受けています。そのため、非常に質の高い治療を受けることができ、働いている看護師の数も安定しているのでしょう。

さらに、より良い看護を患者に提供するために、クリニカルラダーシステムを導入。看護師の教育で用いられています。クリニカルラダーシステムは、新卒者をはじめ1〜5のレベルに分類され、院内研修が行われます。またすべての看護職員が段階に合わせてしっかり学習できるようサポートしてくれるので安心です。

採用で気になるのが給与面です。初任給は、大学卒・短大/専門3年卒・専門2年卒によって異なります。しかし年1回の昇給と年2回の賞与があるので、頑張り次第できちんと給与に反映されるでしょう。また深夜手当・準夜手当・通勤手当・借家/借間手当などの諸手当も支給されますから、安定した収入を得ることができます。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.