帯広厚生病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 帯広厚生病院

帯広厚生病院の看護師採用

帯広厚生病院は700以上もの病床を抱え、東北海道は十勝の最大規模の病院として、地域のニーズに応え続ける急性期医療病院です。2018年には新築移転する予定があります。また、2013年に東北海道では初となる内視鏡手術支援ロボット、ダ・ヴィンチが導入され、2015年には2台目が導入されています。帯広は北海道内でも中都市という規模ですが、帯広厚生病院でなら最新の医療と関わりながら働くことが可能です。公的医療機関である帯広厚生病院は、理想を持って働くことを願う看護師のやる気に、好待遇で応えてくれるはずです。JA北海道厚生連が、雇用条件と福利厚生を充実させていることが特徴で、看護師にとっては魅力ある職場といえるでしょう。

帯広厚生病院では、年度採用の他にも随時中途採用の応募も受け付けています。年度採用の場合は札幌にあるJA北海道厚生連人事部看護管理課に応募し、試験も札幌市内で受験します。中途採用の場合は帯広厚生病院に直接連絡をして面接が行われます。フルタイムの看護師の勤務体制は、2交代制勤務と3交代制勤務とがあります。2交代は日勤が8時30分〜17時00分、夜勤が16時30分〜9時00分、3交代は日勤が8時30分〜17時00分、準夜勤が16時30分〜1時00分、深夜勤が0時30分〜9時00分となっています。休日は、4週8休制を含む完全週休2日制です。また、パートは時間帯の相談に応じてくれるので、事情があれば話して自分が働き続けられる勤務体制を整えるようにすると良いでしょう。

JA北海道厚生連といえば、非常に福利厚生が充実していることが特徴です。休日は前述した完全週休2日を基本とし、国民の祝日、年末年始(12月30日〜1月3日)、創立記念日(8月15日)もお休みとなります。また、年次有給休暇の他に、初年度は3日、2年目以降なら5日付与されるゆとり休暇が取得できるなど、プライベートを充実させたい人には最適な職場といっても良いのではないでしょうか。もちろん、産前産後休暇や育児休職制度、介護休職制度、看護休暇制度など、女性が活躍する職場ならではの働き続けやすい体制もしっかり整っています。

さらに、JA北海道厚生連の中でも帯広厚生病院の場合は、格安の看護師寮が用意されるなど、遠方から働きに出る人のバックアップ体制も整っています。看護師寮は男性も入居可能で、車で5分も走らせれば大型のスーパーがあるので日常生活に不便を感じることはないでしょう。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.