南島メディカルセンターの看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 南島メディカルセンター

南島メディカルセンターの看護師採用

南島メディカルセンターは、2012年に開院されたばかりのJA三重厚生連の病院で、三重県南伊勢町慥柄浦に位置します。前身は1968年に開院された南伊勢町東宮にあった南島病院ですが、公設民営、指定管理者制度により新たなスタートを切りました。沿岸から離れた高台に位置するため、地震や津波などの災害時の救護施設として活躍できる病院であり、そのためにヘリポートも設置しています。診療科目は内科、神経内科、整形外科、眼科、リハビリテーション科の5科目、病床数は15床と小規模ではありますが、全身用CT装置や超音波診断装置、骨密度測定装置など最新の医療設備が整っています。また、南島メディカルセンターのある南島地域は、南伊勢町のなかでも高齢者率が高く、今後はますます高齢者医療と介護の需要が増すことが予想されるため、老健施設、デイケアを併設しており、さらには在宅看護と在宅リハビリを併せて、総合的な地域密着型の医療と介護サービスの両立を目指しています。

南島メディカルセンターでは看護師の募集を随時行っているようですが、詳細は公式ホームページ上には記載されていません。求人情報や業務内容については、直接南島メディカルセンター看護部まで問い合わせるか、JA三重厚生連に確認してください。給与についても南島メディカルセンターのホームページに記載はありませんが、これはほかのJA三重厚生連の病院と同じと考えてよいでしょう。それによると、基本給はJA三重厚生連の規定通りであり、病棟看護師には準夜勤・深夜勤がそれぞれ月に4回まであるので、その分の夜勤手当が加算され、そのほかにも危険手当や通勤手当なども別途支給されるとのことです。また、ボーナスが年に2回あり、3年以上の勤務があると退職金も支給されます。やや過疎地に位置する小規模な病院ではありますが、給与水準としてはかなり高いと言えるでしょう。

待遇や福利厚生も充実しています。正規職員の週の実働時間は37.5時間であり、完全週休2日制となっています。年末年始や祝日はお休みです。休暇は、年次有給休暇が1年目から10日あり、2年目以降は15日から最高20日まで取得できます。そのほか、連続で取得可のリフレッシュ休暇や慶弔などの特別休暇、病気休暇もあります。福利厚生は、各種社会保険のほか、奨学金制度、育児休職、介護休職、復職措置、住宅融資、家賃の補助など充実しているので、仕事と家庭の両立は十分可能な職場だとみなせるでしょう。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.