丸瀬布厚生病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 丸瀬布厚生病院

丸瀬布厚生病院の看護師採用

丸瀬布厚生病院は昭和21年に開設しました。現在はJA北海道厚生連が運営をしており、内科や小児科、外科など6つの標榜科があります。一般病床が50ほどの小さな病院で、その分より地域の皆さんとの距離が近く、地域の皆さんに信頼される病院になるよう日々心がけています。

丸瀬布厚生病院は遠軽厚生病院と連携して、地域の方々のニーズに応えることができるプライマリケア中心の医療に努めています。特に丸瀬布厚生病院のある丸瀬布や白滝エリアは高齢者が多いため、在宅医療などにも力を入れています。丸瀬布厚生病院で働く看護師は「その人らしい」看護を提供できるように、常に心配りができる人であることが望まれます。

丸瀬布厚生病院の採用情報は新卒と既卒の両方があります。新卒の場合はJA北海道厚生連が窓口になっていますので、そちらに詳細を問い合わせてみてください。概ね新卒採用の場合はJA北海道厚生連が管轄しており、9月と翌年1月の年二回行われています。中途採用の場合は募集をしていない時期もありますので、中途採用の場合は直接、丸瀬布厚生病院の看護部に問い合わせをしてみてください。

丸瀬布厚生病院に採用されれば、手厚い待遇を受けることができます。特筆すべきは住宅手当で、近隣の賃貸住宅に入居する場合は家賃9万円までは半額を負担してもらえます。また女性の場合は女性専用の看護宿舎が用意されていますので、単身で丸瀬布厚生病院に転職してくる場合には住宅の心配をする必要がなく大変便利です。平成26年には男性や家族も入居できる看護師住宅が完成しています。女性専用の看護宿舎の家賃は毎月5,000円ですが、変更されることもありますから、詳細は直接丸瀬布厚生病院に確認してみると良いでしょう。

土日祝が休みですし、年末年始の休みもあります。また年次有給休暇の取得も比較的しやすいので、ご家庭のある方の場合は働きやすい職場と言えます。託児所も完備してありますから、子育てをしながら働く看護師さんに理解のある病院です。

各種手当も手厚く、例えば前述した住宅手当はもちろんのこと、11月から3月までは寒冷地手当がつきます。扶養手当、通勤手当など各種手当ももちろんつきますし、昇給は年一回あり、安定した収入を得られます。退職金制度も整っていますから、看護師として安心して働きたい、結婚・出産をしても働き続けたいという方には満足いく病院です。丸瀬布厚生病院に興味があれば、まず問い合わせをしてみてください。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.