いなべ総合病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> いなべ総合病院

いなべ総合病院の看護師採用

三重県いなべ市にあるいなべ総合病院は、1953年に三重県厚生連員弁厚生病院として内科、外科、産婦人科のみで開院しました。年々規模を拡大し、2002年には現在地に新築移転して一般病床220を数える大病院へと発展しています。災害拠点病院、基幹型臨床研修指定病院、がん診療連携推進病院の指定を受けており、急性期病院として地域医療の向上と質の高い医療の提供に努める総合病院です。地域に根差して地域住民の健康保持に寄与し、災害や救急医療にも対応できる役割を果たすことをモットーにしています。なお、2017年4月1日から正式名称を「JA三重厚生連三重北医療センターいなべ総合病院」に変更しています。

いなべ総合病院では常時看護師の募集を行っています。公式ホームページには正規職員としての看護師と助産師、パート職員としての看護補助員(ヘルパー2級資格取得者歓迎)の求人を若干名行っています。正規職員の給与はかなりの厚遇です。看護系の四年制大学卒業資格があるならばなお優遇されます。病棟看護は夜勤がありますが、準夜勤・新夜勤ともに月4回までですので激務に追われる心配も少ないでしょう。夜勤手当、時間外手当、危険手当、通勤手当等もあり、昇給が年1回、賞与が年2回ですから、将来的には看護師として十分な収入を得ることも可能です。週休2日制はもちろん、年次有給休暇、年末年始休暇、リフレッシュ休暇、病気休暇、特別休暇などしっかり取れる体制ですので、家庭との両立も問題ありません。

福利厚生も充実しており、各種社会保険や育児や介護のための休職制度はもちろん、奨学金制度、団体定期生命共済、家賃の補助、引っ越し費用の支給、退職金制度も整っています。育児から復職を目指す看護師のためには看護職員復職措置があるので、結婚や出産を経てからも職場に戻れる環境です。「このはな保育所」という夜間保育所が併設されており、乳児の預かりにも対応しているので、産休明け直後から安心して現場に戻れるようになっています。

また、いなべ総合病院では、新卒者でも中途採用者でも安心の充実した教育体制が整っています。研修では一人一人にプレセプターがついて指導してくれるので、初めての職場に戸惑うことの多いケースでも安心して業務に打ち込めるでしょう。キャリアアップを目指す看護師のためには、キャリア開発のためのラダーシステムにより、それぞれ求める技術や能力を伸ばしていけるようにもなっています。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.