双葉厚生病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 双葉厚生病院

双葉厚生病院の看護師採用

心臓血管外科での仕事がメインのJA福島厚生連 双葉厚生病院。他にも内科・小児科・精神科・産婦人科・眼科などさまざまな診療科があり、福島県では中核病院として栄えています。仕事はハードといわれていますが、その分やりがいも大きく、しっかりスキルアップすることができます。また女性にとって嬉しい”家庭と仕事を両立できる”のも、双葉厚生病院の魅力のひとつでしょう。

双葉厚生病院では随時看護師の採用を行っています。施設形態は『一般病院』『訪問看護』『居宅介護』。それぞれの施設で患者さんをサポートします。勤務時間は、平日8時30分〜17時、土曜日8時30分〜12時30分となっており、三交代勤務で日勤(8時30分〜17時)・準夜勤(16時30分〜1時)・深夜勤(0時30分〜9時)になります。きちんと夜勤手当がつくので、安心して働くことができるでしょう。給与は経験や年数に応じて優遇されますが、大学卒・短大卒・専門卒によっても異なります。しかし年1回の昇給と年2回の賞与がありますから、頑張り次第でしっかり給与に反映されるので安心です。休日は、日曜・祝日・4週7休制(第一・第三土曜日休診)で、先にも述べたように家庭と仕事をきちんと両立できるので無理なく働くことができるでしょう。さらに、夏期休暇や年末年始休暇、年次有給休暇もあり、女性に嬉しい結婚や出産の休暇(特別有給休暇)も用意されています。福利厚生も充実していますから、非常に働きやすい職場といえます。

双葉厚生病院はJA福島厚生連が運営している病院のひとつなので、教育研修もきちんとしているのが特徴です。ひとつは『階層別研修』と呼ばれるもので、少しずつ段階に合わせた研修が行われます。研修プログラムは病院によって異なりますが、近年では階層別研修を行っているところは多く、双葉厚生病院でも階層別研修によってしっかりスキルを身につけることができるでしょう。他にも、『職能別研修』や『認定看護師養成(助成制度有)』なども実施されます。

JA福島厚生連の教育体系を見てみると、教育理念に”個々のキャリア開発を支援する””それによって看護の質を向上させる”とあります。要するに、専門職業人として、しっかり看護実践ができるというわけです。そのために、1.主体的・継続的な教育ができる、2.対象者の健康レベルに応じた看護ができる、3.医療チームの一員として自身の役割や責任を自覚できる、4.リーダーシップを発揮できる、5.研究的態度が持てる、6.後輩を育成できる、などを目標としています。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.