足助病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 足助病院

足助病院の看護師採用

足助病院は、少子高齢化の進む足助地区において地域密着型の医療を行う病院で、へき地医療拠点病院にも指定されています。総合病院ですが、高度先進医療を行うというよりは、幅広い症例に的確に対応することと、予防医療や健康管理などにも力を入れて、地域の人達の健康を守ることに重点を置いています。落ち着いた外観ですが、平成25年に完成したばかりというだけあって、中は明るくて清潔感があり、働きやすい環境が整った病院です。

採用は、基本的には新卒採用によって補充を行っており、中途採用は必要があれば行う程度です。慢性的に看護師不足に悩む病院が多い中で、公式HPには現在募集していないと書かれているなど、看護師の定着率の良さを感じさせます。病棟には地域包括ケア病棟のほか、介護療養型の医療を行う病棟、一般の病棟などがあり、一般病棟も内科や外科など、異なる診療科の混合病棟になるため、さまざまな患者さんのケアをすることになります。そのため、足助病院では看護師に幅広い知識と経験が備わると同時に、ひとりひとりの患者さんに対してしっかりとケアをすることができます。勤務は基本的に2交代で、夜勤は2人から3人で行うので、経験の浅い看護師でも安心して夜勤に入ることができます。

教育はクリニカルラダーを採用しており、ビギナーからレベルまで一人一人のスキルに合わせて段階的にレベルアップして行けるようなプログラムになっています。Webを利用して、看護技術の確認や習得ができるナーシング・スキル日本版を導入していて、病院内はもちろん、自宅からアクセスして学習することも可能です。新人研修は、4月の合同研修の後で5月と6月には各病棟を回るローテーションを行っており、それぞれの病棟の仕事内容や、雰囲気を肌で感じることができます。ローテーション終了後の6月に、正式な配属先が決まり、看護師として実務を行うようになるのです。

女性看護師は、病院から徒歩3分のところに女子寮があり、ワンルームマンション形式のきれいな部屋で快適に暮らすことも可能です。各部屋にバストイレはもちろん、冷暖房や床暖房までついており、格安で入居できるのは嬉しいポイントです。院内保育はないものの、産前産後休暇に加えて、1歳までの育児休暇、3歳までの時短勤務と夜勤回数の軽減があるなど、子育てサポートも行われており、小さな子供のいるママさんナースが働きやすいような環境作りが進められています。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.