旭川厚生病院の看護師採用

厚生病院看護師転職TOP >> 病院別の厚生病院の看護師採用 >> 旭川厚生病院

旭川厚生病院の看護師採用

500床以上を有する旭川厚生病院は、平成21年以降、北海道内に20ある地域がん診療連携拠点病院の一つとして高度ながん医療にも対応しています。今後も、北海道のがん医療を支えるべく、診療体制をさらに充実させるなど、積極的な活動を行っていく方針です。旭川厚生病院では、随時看護師を募集しているので、公式ホームページを参考に応募してみると良いでしょう。

旭川厚生病院は、教育体制が非常に充実していることが特徴なので、看護師としてステップアップしていきたいと考える人には最適な職場といって良いのではないでしょうか。教育体制は、厚生連の教育体系を基本として、クリニカルラダーシステムによる自分の能力に合わせた教育が受けられます。ポイント制が導入されるなど、看護師が自ら学ぶ意識を持つとともに、楽しみながらスキルアップしていけるような配慮がなされています。頑張りがきちんと評価されるという、働く側にとって魅力のある教育体系が整っています。

旭川厚生病院は、旭川駅から歩いて1分という非常にアクセスの良い場所にありますが、車での通勤も可能です。勤務は、日勤が08:30〜17:00、夜勤が16:30〜09:00となり、休憩時間は日勤が60分、夜勤が180分取ることができます。また、他に3交代もあり、日勤は同じ時間帯で夜勤が16:30〜1:00、深夜勤が0:30〜9:00となります。休日は完全週休2日制で、年次有休休暇の他、特別有休休暇、産前産後休暇、看護休暇制度などがあります。また、育児休職制度、介護休職制度も用意されているなど、充実した福利厚生であることがわかります。看護師の収入で大きなウェイトを占めるのが夜勤手当ですが、支給額は1回6,800円程で、準夜勤務は3,000円程、深夜勤務手当は3,400円程度支給されます。また、精神病棟や伝染病病棟に勤務した場合には危険手当も支給されます。

JA北海道厚生連は、福利厚生が充実していることでも知られています。病院は女性がかなりの割合を占めているので、女性が働きやすい環境が整えられているものです。旭川厚生病院には看護宿舎はありませんが、院内保育所(しろくま保育園)が完備されているので、出産後の復帰はスムーズにいくことでしょう。院内保育所があると、通勤と保育園の送り迎えが同時にできるので、ただでさえ子育てに時間を取られているところを、時間のロスを大幅に削減することができます。院内保育所は、月額利用料と給食費が給料が天引きされるシステムです。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.