厚生病院の看護師の仕事内容

厚生病院看護師転職TOP >> 厚生病院の看護師の基礎 >> 厚生病院の看護師の仕事内容

厚生病院の看護師の仕事内容

厚生病院に勤める看護師の仕事内容は、他の病院と同じように診療科目によって違いがあります。比較的大きな都市にある厚生病院であれば最先端の医療設備が導入されているところも多いので、専門的で高度な技術を身につけることができるでしょう。一方、地方都市であれば病院の規模は中程度のところが多くなりますが、地域医療の中核を担う機関として多くの診療科目がある場合も多いです。看護師は、さまざまな症例に携わることが可能ですが、同時にオールラウンドな能力が求められるのが普通です。

看護師の仕事の基本は、医師の診察や診療をサポートし、患者さんの回復を助けるとともにその家族をもケアすることです。外来患者さんの血圧や体温、脈拍を測定したり、注射や点滴、採血、また問診などを行います。入院患者さんのお世話をする病棟勤務であれば、注射や点滴に加えて、食事や入浴、ベッドサイドの交換、夜間のナースコールへの対応などが仕事に含まれてきます。身の回りを清潔に保ち、患者さんの病状が出来るだけ早く回復するように心のケアもしていくことが求められます。そして、これらのすべての情報を記録していくことが、外来、病棟に関わらず重要な仕事となります。さらに、家族の方に患者さんの病状を説明したり、ミーティングや勉強会、研修などに参加し、日々進化していく医療の知識を学ぶことも欠かすことはできません。経験を積んでいけば、新人看護師などに指導することも当然、求められてくるでしょう。

厚生病院も規模が大きければ大きいほど診療科が多くなるので、どの科で働くかによって看護師の仕事にも違いが出てきます。内科であれば、診察の前に患者の服を脱がせて医師がスムーズに診察できるようにするのも重要になりますし、外科であれば、怪我をした患者さんを支えたり包帯を巻くことも多くなるでしょう。また、オペ室勤務となることもありますし、その厚生病院によっては病棟などと兼務することもあります。オペ看といえば、ドラマでもよく放送されていますが、執刀医にメスを渡すといったことも実際に行います。オペ室勤務と一口にいっても、担当する診療科によって、脳や心臓など人の根幹となる部位の手術から、外科的なものまで、関わる内容にかなり違いがあるのが特徴でしょう。この他にも、集中治療室に勤務することになれば、患者さんの容態が急変する可能性が高いので、突発的な事態が起こってもスムーズに対応できる能力が求められてきます。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.