厚生病院の看護師の退職金

厚生病院看護師転職TOP >> 厚生病院の看護師の基礎 >> 厚生病院の看護師の退職金

厚生病院の看護師の退職金

転職するとなると気になるものはたくさんありますが、退職金の有無は間違いなくその一つなのではないでしょうか。しかし、退職金という制度は法律で定められているものではないので、支給されるかどうかは経営者の考え一つということができます。例えば、民間病院や小規模なクリニックのほとんどは、残念ながら退職金が出ることは期待できません。その点、厚生病院など公立であったり規模が大きな病院のほとんどに退職金制度があります。厚生病院は福利厚生がしっかりしていることが特徴なので、そこで働く看護師にとっては退職金以外にも非常にメリットが多いということができるでしょう。また、退職金の金額は勤務年数に比例するように増えていくのが普通なので、勤務が長ければ長くなるほど、退職金の有無はその後の生活に大きな影響を及ぼすといえます。

とはいえ、前述のように退職金は法で定められたものではないので、経営状態によっても大きく左右されるという特徴があります。例え大規模な病院であっても、いつも経営が安定しているとは限りません。もしも、退職時期がちょうど経営の不安定な時に当たってしまえば、その金額は大きく下がってしまうことも考えられるわけです。つまり、転職する際には退職金制度の有無をチェックするだけでは十分ではありません。病院の経営状態においても必ずチェックしておきましょう。また、労働組合がある病院の場合は、職員の力も強くなって意見が通りやすくなります。中小規模の病院へ転職するのであれば、特に労働組合の有無もチェックすることが大切です。

看護師がもらえる退職金は、一般的にいえば国立病院勤務がもっとも金額が高いといわれています。しかし、平成23年度以降は、公務員の高すぎる退職金が疑問視されていたことを受けて政府が減額に乗り出しました。この影響で公務員扱いの看護師の退職金も下がり、国立病院勤務といえども、かなり低い金額になってしまったといわれています。また、公立病院の場合、そこに勤める看護師も地方公務員扱いとなるので、退職金制度があるのが一般的です。しかし、この場合も残念ながら必ずというわけではありません。例えば、赤字が長く続いたりすれば民営化されることがあるからです。といっても、定年退職する年齢が迫っている人であれば別ですが、そうではない場合には、転職する時に退職時のことをじっくり考えることはあまりないのではないでしょうか。先々のことは変わる可能性が高いので、基本給やボーナスの金額の高さを重要視する方が大事だといえるかもしれません。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.