厚生病院の看護師の面接対策

厚生病院看護師転職TOP >> 厚生病院の看護師の基礎 >> 厚生病院の看護師の面接対策

厚生病院の看護師の面接対策

転職活動も、無事に履歴書の選考を勝ち抜いたらいよいよ面接です。この関門をくぐり抜ければ希望の厚生病院に入職できるわけですが、それには周到な準備が必要です。病院の情報をしっかり収集し、志望動機や自己PR、看護観について履歴書にまとめたものを口頭でも説明できるようにしておきましょう。また、人の評価は、わずか3〜5秒という短い間で受ける第一印象で、その90%が決められてしまいます。マナーや身だしなみについても確認し、一緒に仕事がしたい、この人なら仕事を任せられる、という印象を持ってもらえるように準備しましょう。

当日は、時間の10分前には到着してトイレで身だしなみを整えます。面接の部屋に入ったら、まずは一礼して名前を告げ、「お忙しいところ、ありがとうございます。」という挨拶をすると好印象を与えられます。勧められたら椅子にかけますが、背もたれは使わず背筋を伸ばし、明るい表情を自分から向けましょう。

看護師の面接では、ある程度質問が決まっているものなので、緊張してもしっかり答えられるようにしておきます。まずは、何故他の病院ではなく当院で働きたいのか、という志望動機に関する質問です。履歴書に書いた内容と合致しつつも、そのまま読みあげたような答えではなく、対面ならではのアレンジを加えたいものです。これまでの看護経験やスキル、自分の長所をどのように活かしていけるかといったことを、求められている人材像と結びつけながら語りましょう。また、退職理由についても必ずといって良いほど聞かれます。ここは、あまり正直に答え過ぎれば印象が悪くなる場合もあるので注意します。職場でいじめられた、給料が安かった、忙しすぎたなどといった事情はストレートに話すのは避けましょう。看護師としてのキャリア形成を考えた時、退職して当院で働きたいと考えるようになった、などというふうに説明するのが賢明です。

看護師を目指した理由もよくある質問です。この答えには、その人の人柄や性格が反映されるものです。人の役に立ちたい、というのは少々ありきたりなので、具体的なエピソードを盛り込むようにします。例えば、自分が入院した時に受け持ってくれた看護師さんに励まされて感動した、などいうものも良いでしょう。看護観については、働いてきた中で経験したことで、看護師として今後どのように生きていきたいか、ということを伝えます。思い浮かばないという人は、看護雑誌の経験豊富な看護師のインタビュー記事を参考にしてみるのも良い方法です。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.