厚生病院の看護師の年収相場

厚生病院看護師転職TOP >> 厚生病院の看護師の基礎 >> 厚生病院の看護師の年収相場

厚生病院の看護師の年収相場

厚生病院は福利厚生が充実しているという特徴があり、年収もそれなりの額になるといって良いでしょう。他の医療機関で働く看護師同様、50代後半くらいまで年収が上がり続け、後半になると次第に落ち着いてくるのが一般的な流れです。サラリーマンと比較すれば年収はやや高めといえますが、その分、仕事はハードといいうのが看護師の仕事です。

看護師は、正看護師と准看護師とがあります。最近は女性の学歴が高くなったこともあって新規での准看採用は少数となりました。しかし、現在でも子育てを終えてから准看を目指す人は多く、医療業界では非常に多くの准看護師が活躍しています。年収からいえば准看護師の方が低いのが現状ですが、30代後半以降に年収が増えるというのが特徴です。

また、最近は男性看護師の数も増えつつありますが、女性の方がボーナスが多いことから年収は高くなる傾向にあります。看護師といえば女性の職業の中でも高年収といわれていますが、他の職業で働く女性と比べると100万円ほど高いといわれています。とはいえ、命に関わるという責任の重さや、夜勤をこなすなどハードな仕事内容で、プライベートが限られてくるといったことを考えると、もっと高い年収を貰っても良いのでは、という意見も少なくありません。看護師でさらなる年収アップを考えるのであれば、キャリアアップして看護部長など役職を目指すのも一つの方法です。病院によっては役職が付くとサービス残業が多くなるといったケースもありますが、年収の確実なアップが期待できるはずです。

他の職種同様、看護師の年収も地域によって差があります。年収がもっとも高いのは京都府といわれており、平均525万円程度が見込めるようです。次いで多いのが神奈川県、その次が東京都と続きます。一方、年収がもっとも少ないのは熊本県で、400万円未満ともいわれています。次いで宮城県、鹿児島県と、いずれも九州地方で勤務する看護師の年収が低めであることがわかります。しかし、九州地方は物価が安いので、生活するにあたっては他の職業よりも余裕が出てくるといって良いのかもしれません。

また、一例として、JA北海道厚生連の平成27年の年収給与モデルをみてみると、専門学校3年課程を卒業した新人看護師の1年目の年収は430万円程度とあります。そして、3年目には440万円程度、5年目には455万円程度と増えていくのがわかります。ただし、年収には夜勤や住宅手当、通勤手当が含まれています。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.