厚生病院の看護師になるデメリット

厚生病院看護師転職TOP >> 厚生病院の看護師の基礎 >> 厚生病院の看護師になるデメリット

厚生病院の看護師になるデメリット

厚生病院のように一定以上の規模のある病院では、診療科目が多いというのが最大の特徴です。診療科目が多いといろいろなことを幅広く学べるというメリットがありますが、これは、裏を返せば専門性が低いというデメリットにもなります。その結果、転職を考える看護師の中には、「もっと専門的に学んでみたい」といった理由が多くなるともいわれています。特に、新卒で大規模な病院に入職した看護師などは、幅広く経験した後に特定の分野に好奇心が生まれて転職を考えるケースがよくあります。

また、残業や夜勤が多い傾向にあることから、肉体的にも精神的にも負担を感じやすいこともデメリットとなります。日勤のみのパートであれば別ですが、正社員であれば夜勤、準夜勤をこなすのは当たり前で、その負担は決して軽いものではありません。看護師が一般的にハードだといわれるのは、夜勤をこなさなければならないからです。人は夜眠って日中に活動するのが自然のサイクルなので、夜勤を定期的にこなすことは慣れるとはいえ大きな負担に違いないのです。今が頑張り時として、プライベートよりも仕事を重視する人に向いているといって良いでしょう。とはいえ、夜勤の頻度は診療科によってもかなり違いがあるものなので、厚生病院に転職する時にはしっかりと確認する必要があります。

さらにデメリットを挙げるとすれば、患者さんの死に直面することが少なくないということです。厚生病院は病床数が多いこともあり、急性期の患者さんやがん患者さんが多くなる傾向があります。すると、必然的に、容態が急変して回復することなく死亡してしまうケースも多くなるわけです。一生懸命に看護することで患者さんが回復していくのは看護師にとって非常にうれしいものですが、看護のかいもなく亡くなってしまえば、精神的に大きな負担となってしまいます。転職する際には、そのような事態が度重なる場合もあるということを念頭に置いておきましょう。また、容態が急変する患者さんが多いということは、夜間の急変対応や緊急オペなど時間に追われることも多くなります。

他にも、教育体制が整っているというのが厚生病院のメリットですが、これもデメリットになる場合が少なくありません。教育に力を入れていることから研修や勉強会は必ず参加しなければならないところが多いのですが、通常の業務に加えての参加となるので、体力的にはかなりハードとなります。ステップアップを願って転職した看護師でも、体が付いていかず辞めてしまう人もいるのです。

厚生病院看護師の転職サイト人気ランキング

  サービス名 料金 転職エリア オススメ度数 詳細
マイナビ看護師 無料 全国 ☆☆☆☆☆ 詳細


TOP

厚生病院の看護師の基礎

病院別の厚生病院の看護師採用


Copyright (C) 2017 厚生病院看護師求人ランキング All Rights Reserved.